岐阜のお風呂屋さん

岐阜のお風呂屋さん・岐阜県公衆浴場業生活衛生同業組合は、昭和32年に設立され、当時約300軒ほどの銭湯がありましたが、平成28年現在では、県下24軒の一般公衆浴場(銭湯)が加入する組織で、岐阜県知事の認可を受けた法人組合です。
組合では、衛生水準の維持向上を図り、衛生施設の改善など自主的な活動を推進するとともに、組合員の経営安定をもたらすための措置を講じ、公衆衛生の向上と増進を目的として活動しております。