泡のお風呂浴槽に浸かりましょう。

他のお客さんが不愉快に思うことは、浴槽のお湯の中に長い髪の毛がつかったり、タオルを浴槽につけたりして入浴すること。どちらも不潔ですね。
銭湯のお湯は家庭のお風呂より熱めのところが多いもの。江戸以来の伝統ですが、どうしても我慢できないときは、一緒に入浴している他の人にきちんと断ってから水で埋めてください。勝手に水を出すとトラブルの元になりますから、この点は注意してくださいね。
熱いお湯には5~10分程度、ぬるいお湯には20分程度が適切です。額から汗をかく程度に温まりましょう。汗をかきますから、事前に水分補給もお忘れなく。

銭湯によっては、写真のジェットバス・バイブラ風呂、電気風呂、スチーム風呂(蒸し風呂)、サウナ、水風呂、や天然温泉を利用している施設もあります。
銭湯ならではのお風呂を楽しんでください。(なお、妊娠中や病気の方は医師の指示に従って下さい)

桶のお湯を適温に調整、シャワーを使用する場合は、慣れないと隣の人にお湯がかかったりしますから気をつけましょう。

桶やいすは終わったら決まった場所に片づけましょう。